MEMBER > 青木 瑛佳

 

特任研究員 青木 瑛佳 顔写真 特任研究員 Project Researcher
青木 瑛佳 AOKI, Sayaka
博士(学校心理学)Ph.D. in School Psychology

 


 

 

研究テーマ

発達特性などの個人内要因が教育プログラムの効果に及ぼす影響

 

アクティビティーベースドラーニング(ABL)は、新たな学びの方法の一つであり、多くの子どもたちに、これまでにはなかった学びを与えるということが分かってきている。しかし、一つの教育プログラムが全ての子どもたちに同じように効果を与えるとは到底考えられず、その効果は、性格や発達特性、興味や事前知識、学習への姿勢などの子どもの特性によって大きく異なるのではないか、と考えられる。私は子どもの発達に関する研究を広く行ってきた研究者であるとともに発達支援を行う心理臨床家でもあり、自身が持っている知識やスキルを活かして、子どもの特性と教育プログラムの要素が子どもの成長に与える相互作用効果を積極的に研究していきたい。

 

研究キーワード

発達、発達障害、ABL

 

 

 


 

 

略歴
2021年  6月  東京大学先端科学技術研究センター 特任研究員
2015年  4月  法政大学グローバル教養学部 兼任教員
2015年  4月  国立環境研究所環境リスク・健康研究センター 客員研究員(~2019年3月)
2015年  4月  東京都葛飾区子ども総合センター子ども家庭支援課 発達支援専門員(~2016年6月)
2014年  7月  国立成育医療研究センター 研究員(~2015年3月)
2014年  5月  コロンビア大学大学院行動科学研究科学校心理学専門分野 博士号(学校心理学)取得
2009年  9月  コロンビア大学大学院行動科学研究科 グラデュエイトアシスタント(~2013年5月)
2008年  9月  コロンビア大学大学院行動科学研究科学校心理学専門分野 博士課程(米国)
2006年  9月  コロンビア大学大学院人間発達研究科発達心理学専門分野 修士課程(米国)
2004年  4月  東京大学大学院人文社会系研究科社会文化研究専攻社会心理学専門分野 修士課程

 

 


 

 

研究業績

 

論文【査読有り】

・Tamai, S., Aoki, S., & Hashimoto, K. (2020). Assessment of basic language and communication ability in early childhood: Validity and reliability of the Ability for Basic Language and Communication Scale for Children (ABLS-C). Pediatrics and Neonatal Nursing, 4, dx.doi.org/10.16966/2470-0983.122.

・Mezawa, H., Aoki, S., Nakayama, S. F., Nitta, H., Ikeda, N., Kato, K., et al. (2019). Psychometric profile of the Ages and Stages Questionnaires, Japanese translation. Pediatrics International, 61, 1086-1095.

・Yamauchi, Y.*, Aoki, S.*, Koike, J., Hanzawa, N., & Hashimoto, K. (2019). Motor and cognitive development of children with Down syndrome: The effect of acquisition of walking skills on their cognitive and language abilities. Brain and Development, 41, 320-326. (*equal contribution)

・Aoki, S., Yamauchi, Y., & Hashimoto, K. (2018). Developmental trend of children with Down’s syndrome?How do sex and neonatal conditions influence their developmental patterns? Brain and Development, 40, 181-187.

・Aoki, S., Hashimoto, K., Ogawa, K., Horikawa, R., & Sago, H. (2018). Developmental outcomes of Japanese children born through Assisted Reproductive Technology (ART) in toddlerhood. The journal of obstetrics and gynaecology research, 44, 929-935.

・Aoki, S., Hashimoto, K., Mezawa, H., Hatakenaka, Y., Yasumitsu-Lovell, K., Suganuma, N., et al. (2018). Development of a new screening tool for neuromotor development in children aged two?the neuromotor 5 min exam 2-year-old version (N5E2). Brain and Development, 40, 445-451.

・Aoki, S., Hashimoto, K., Ikeda, N., Takekoh, M., Fujiwara, T., Morisaki, N., et al. (2016). Comparison of the Kyoto scale of psychological development 2001 with the parent-rated Kinder Infant Development Scale (KIDS). Brain and Development, 38, 481-490.

・Naito, M., Aoki, S., Kamide, A., Miyamura, K., Honda, M., Nagai, A., et al. (2015). Gait analysis in Down syndrome pediatric patients using a sheet‐type gait analyzer: Pilot study. Pediatrics International, 57, 860-863.

・青木 瑛佳 (2006) 「女子におけるいじめ克服プロセスモデルの生成」 現代の社会病理、21、87-102.

・青木 瑛佳 (2005) 「被暴力経験が他者への信頼感に与える影響とその緩衝要因」 現代の社会病理、20、1-16.

 

 

著書

神経発達症/発達障害のサインと判定法 -適切な支援につなげるために 2019年 三輪書店刊(橋本圭司・青木瑛佳) 

・Self-esteem in cultural contexts: The case of the Japanese. In: Q.Jing, M. R.Rosenzweig, G.D’Ydewalle, H.Zhang, H.Chen & K. Z.Zhang, eds. Progress in psychological science around the world:Social and applied issues, 319?330. New York: Psychological Press.(Yamaguchi, S., Lin, C. & Aoki, S.)

 

 

国際会議学会発表

・Aoki, S. & Brassard, M. (2015, March). Understanding isolated and nonisolated victims of peer victimization in middle school. Poster presented at the 38th conference of the Society for Research on Child Development, Philadelphia

・Aoki, S., Orozco, S., Schulman, S., Tabachnick, Z., & Brassard, M. (2014, August). Boosting attendance in high-risk middle schools: Target the class, not just individuals? Poster presented at the 122th conference of the American Psychological Association, Washington DC

・Aoki, S., & Brassard, M.R. (2012, March). Same and other sex peer likeability: Friendship and mating strategy. Poster presented at the 14th conference of the Society for Research on Adolescence, Vancouver

・Aoki, S., Brassard, M.R., & Sichel, K. (2010, August). Cute and desirable: Risk factors for peer victimization for girls. Poster presented at the 118th conference of the American Psychological Association, San Diego

・Aoki, S., & Brassard, M. R. (2008, August). Long-term effects of peer victimization: Test of three models. Poster presented at the 116th conference of the American Psychological Association, Boston