第6回 茶会cha-kai 

「好きなものを続けて行くために!!ー教えないアート」

子供の頃の夢をどのように叶えて、諦めていくのでしょうか。

私たち保護者は、子供のやりたいことを応援したいけれど、何をしてあげられるのでしょうか。

今回は、自分の好きなことを続け、版画の世界に魅了されたRocket スカラー候補生4期生吉田悠太の初の個展を一緒に観覧しませんか。保護者会には、吉田くんのお母様もご参加予定です。

みなさんで、夢の応援をどのようにしていくか?考える時間となればと思っております。

ご興味のある方はぜひ、応募ください。

<スケジュール>

■開催日:2019年11 月1日(金)13:00-15:00 

■集合場所:東京大学先端科学技術研究センター1号館205室

https://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/access.html

■持ち物:飲み物

■集合時間:12時50分

13:00-13:30 話題提供

13:30-15:00 質疑応答・個展見学

       ROCKET4期スカラー候補生 吉田悠太くんの個展見学

吉田悠太(13歳)

版画作家、京都府在住 。版画を創り出して2年半、彫りの作業が一番好き。今年の春から竹笹堂に通い、師匠の下で、彫師として修行中。小5で北斎の波冨士と出逢い、自分で木版画にしたくなったのがきっかけで版画を始めました。主に北斎作品を制作し、自己流の技法で版画を仕上げてきました。 作品は、1枚の版板に下絵を描き、全てを彫り、色を少しずつ塗り、 黒紙に摺ることから、1度に1枚しか出来ないのが作風の特徴です。 制作時間は70時間~300時間と様々で2年半の間徐々に作成時間が短くなり、日々特訓をしています。

 ■講師:Laila Cassim

日本生まれのイギリス人デザイナー。「教えないアート」を筆頭にさまざまな社会の現場でのアートの支援方法やアーティストの社会参加と経済自立を促す企画・ワークショップを国内外で開催。ROCKETではアートなどの創作活動に興味・兆しがある子の担当をしている。

中邑賢龍(東京大学先端科学技術研究センター 人間支援工学分野 教授 異才発掘プロジェクトデイレクター)

赤松裕美・吉本智子(保護者コーデイネーター)

 

CO+ラボ事務局

copluslab@comsuru.com

 

参加フォーム

https://forms.gle/JyqsLsupsqyhPKuk8