第7回 茶会cha-kai のご報告

「好きなことを仕事にしていくために!!ー」

1月17日、自分の好きなことを続け、芸術の世界に魅了されたRocket の子供達のオープンプログラム「富士山展ー日本一をどう表現するか!」に合わせ、保護者会を実施しました。

好きなことを続けていく先に、何があるのだろうか。好きなことは、仕事にするためにやっているのではない。何しろ楽しい。そんな時間が子供達には大切な時間。

私たちは、どんな声がけが必要でしょうか?

見守るだけ、ほっとくだけ。これができるのは、とても難しい。

子供達を違う軸で見守る力と「人と違うことをやってごらん」という声がけが子供の心を穏やかにするかもしれない。

子供たちから作品の意図をききながら、子供たちの頭の中を垣間見た気がしますね。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

【開催期間】

2020年1月14日(火)-1月18日(土) 10:00〜16:00

2020年1月19日(日)10:00〜12:00

入場無料

 

【富士山展について】

『富士山展』は、これからの時代に求められる「領域を横断する表現の場づくり」、それにみあった「作品の流通システムづくり」、そして「芸術の価値を伝え、時代に刻む文化の創造」を目的とし、スタートバーンが毎年年始に企画している展覧会です。全国で複数の展示場を設け、多様な領域/視点から富士山を捉えた作品が展示される予定です。

 

【アーティスト】

磯野大樹、大濱歩美、仲川 珠生、金澤洋輝、常山心、濱口瑛士、平林瑚夏、堀内粋、山岡寛泳、山田紗愛、吉田悠太、和田めい

 

【会場】

東京大学先端科学技術研究センター ROCKET HOUSE
アクセス方法はこちら

 

▶︎プレスリリースはこちら

▶︎富士山展 公式HPはこちら